季節

今年は、まだ5月というのに既に梅雨入りをしてしまい、

台風も日本に接近するというありさま。

季節が、自然が、地球が
何かを訴えているかのようです・・・。

我が家にほったらかしの『サボテン』が一鉢あります。

娘が中学卒業の時に、後輩からもらったもので

「栽培担当者」である高校生の娘本人は思いだした頃お水をあげている程度の放置状態。子供部屋の一角にちんまりと置いてあるだけの鉢です。

それが花を咲かせたのが10日ほど前です。

サボテンは縦横ともに5センチ程度なのに花茎部分は15センチくらいの長さにも!!

栄養も貧困なのに頑張って咲いてくれた感が有ります。

昨年は6月中旬に咲いたので、

こんな小さなサボテンまでも季節を早取りでしょうか。

隣のミッキーマウスのぬいぐるみ(30センチ高)も、一日だけ咲く花を応援しているかのようでした。(画像では見えないけど)

私も、サボテンを応援しつつ、
実はサボテンからも元気をもらっているのではないかという気もしてます。

松田 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

ご無沙汰しております。

至誠堂の小林です。
震災が起きてから、このGCSブログに何を書けばいいのかわからず、しばらく更新しておりませんでした。
すみません。。。
最近はGCSに関わる仕事もあまり担当出来ず、余計に足が遠のいていました。
これからはちゃんと当番の週に更新していきます。
よろしくお願い致します。

更新していなかった間の個人的な話など。
姉の子どもが無事に生まれました。
震災の前日に生まれるという本当に大変な時に生まれましたが、これからの時代を担うためにも頑張ってもらいたいものです。
私も負けずに頑張らないと。
叔母さん頑張ります。
せめて毎年お年玉をあげられるくらいには…!

そんな私も社会人2年生頑張ります。
夏の学会に向けて少しずつ担当するお仕事も増えるかと思いますので、ミスのないように臨みます!
皆様よろしくお願い致します。

カテゴリー: (株)至誠堂   パーマリンク

ユビキタス

こんばんは。
クラールの植杉です。

5月というのに30度近い気温ですが、夏にはいったい何度になってしまうのでしょう。

AVセンターの金井さんの言うとおり、日々進化を遂げている今の世の中ですが、計画停電実施を経験し、いかに電気が必要不可欠となっているかを身を以て感じている今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今回は「ユビキタス」について語ろうかと思ったのですが、書いているうちにものすごく長くなってしまったので、やめました。

これの行きつく先は電脳化と義体化に違いない。

電脳化について詳しく知りたい方は、「押井守」と「神山健治」で検索してください。

web屋としても興味深い話が盛りだくさんです。

カテゴリー: (株)klar   パーマリンク

嗚呼、ブラウン管テレビ

 先日、テレビの入れ替え工事の手伝いの際、液晶テレビと交換したブラウン管テレビ2台を引き取ってきました。

そこそこ大画面で、重量も結構ありました。我が社にも、不要の(と言っても、モニターとしては充分使用可能)ブラウン管テレビが2台あって、

計4台をリサイクル業者に持って行きました。工事で引き取った埃だらけのテレビは未だしも、会社のテレビはまだまだ使えたので、

“勿体無い!”と思い、家に持ち帰ることを考えたのですが、“置く場所が無い!” それに、当然ながら用途も限られるので、諦めました。

 テレビだけでなく、色々なモノが常に変化している世の中ですが、ふと、寂しい気持ちになりました。

                                 AVC  金井

カテゴリー: (株)群馬AVセンター   パーマリンク

サタデーナイト・ヒーバー

ノブプランニング、丑の方です。

自粛ムードがキュウキュウ。『できる事をする!できる事からするっ!!』意気込みすぎてもスタミナ持ちません。みなさん、どうやってほぐしてますか?

と、そんなわけで、わがノブプランニングでは(希望としては)隔月(くらいで)どこかの土曜日(休日の前日)を「石和杯」とし、普段からワイワイやっている仲間達と輪をかけてワイワイとボウリング大会を開催する事とあいなりました。

で、記念すべき第1回は4月吉日。

残念ながら、全員参加とはなりませんがまずまずの集合率。

ま、いろいろ都合もありましょう。

…っと。言ってるうちに、ルール勝手に決まってるし、始球式始まってるし、持込みもあってなんか賞品増えてるし。

ま、増える分には良いでしょう。

ちなみに、今大会では「アメリカン(詳しい事はウィキってください。お手数ですが。)」なるスタイルで3ゲーム。スピード感のあるゲームに合わせて、3ゲームの展開をザックリと以下に抜粋。

『脚だ!!(残る方の)』『いや、腕の振りだ!!』などと宣う若い衆を横目に、ボーリングゴールデンエイジ(以下BGA)達はサクサクとスコアに三角を並べてゆくのであります。(中略)2ゲーム目第10フレーム、一人のBGAがバッグに手を入れた。『おいっ、あれを見ろっ!!』『ア、アレは…』(中略)3ゲーム第7フレーム。若い衆はようやく気づくのです『そうかっ!!(接地時の)優しさだっ!!

ま、こんな感じで「あっ」と言う間にゲーム終了。

で、優勝は『おじさんっ!!』

【総評】ボウリングがゴールデンな時代を生きたBGAにはまだまだ敵いませむ。

でわ、第1回 石和杯 成績表を以下に。「ザ・ゴールデン・カップス」の「ショットガン」を添えて。

カテゴリー: (株)ノブプランニング   パーマリンク